ロッドが増え続ける大バカ者におすすめのロッドスタンド

バス釣りをやっている限り、無限増殖を続けるタックルたち。

大抵の場合、まずは男心をくすぐってしょうがないルアーが増え始め、次にリールというのがセオリーですが、道を踏み外した生粋の大バカ者はロッドに一番金をかけるんですよね。

僕も昔は「リールが欲しい!ロッドはなんでもいい!とにかくリール!」と思って5,000円ぐらいのロッドにステラを合わせるなんてことを平気でやっていました。

でも結局リールよりもロッドの方が釣果に影響するということを理解するようになって、それからはとにかくロッドが欲しくて仕方ないわけ。

悪いことにソルトルアーもやるもんだから、増えるスピードも通常の3倍のなんてもんじゃねーぞ。気づいたら、バス釣りを再開した2016年4月から2018年2月までの2年に満たない期間で30本以上は購入してますよね。買ったものはできる限り手放したくない性格なので、順調に増え続けています。

増えた道具は大切に扱いたい

増えた道具は大切に扱いたい

ただでさえ他の釣りとシェアできるリールと違って、ロッドは専門性が高くて本数が必要だし、そもそも長さもあってかさばりますよね。これは本数が少なくても同じなんですけど、とにかく置き場に困る。

そんなときにロッドスタンドってのは本当に便利で、わずかなスペースに大量のロッドを安全に保管できてしまう。とくに僕のような、寝室でピッチングの練習をしてしまうような奴には、身近なところに置いておかなくてはならない最重要タックルのひとつ。

そこで今回は、僕が自信を持っておすすめできるロッドスタンドをひとつ紹介しようと思います。

スポンサーリンク

杜の工房 ロッドスタンド ダブル25本掛け

販売元は秋田県の株式会社ストーンズという会社が運営する杜の工房。

楽天とAmazonに出店していて、製品こそ多いものの自社に関する情報は「ロッドスタンドを中心に自社製作の木製品を販売しています」という記載のみ。

はっきり言って、損してると思います。いろんなロッドスタンドを使ってきましたが、今回紹介する杜の工房 ロッドスタンド ダブル25本掛けは、こんなにも安くて使いやすくロッドに優しいスタンドはない!と断言できるハイクオリティー

小売店へガンガン卸せば注文殺到間違いなしですが、まあ、そうしないってことはいろんな事情があるんでしょうね。うーん、わかりません。

さっそくおすすめポイントをチェックしていきましょうか。

スポンサーリンク

オモテ面13本+ウラ面12本=25本収納可能

ロッドスタンドの購入を検討するのは「増えたロッドの置き場所に困っている」とか、「置く場所はあるが安全に保管したい」という人がほとんどだと思います。

はじめに言っておきますが、ロッドスタンドの収納可能本数は多ければ多いほどいい。今は4本だから、5本だからと、収納可能本数の少ないスタンドを買う必要はないんです。

断言します。バスロッドを4本以上購入してしまうあなたのようなボンクラは、間違いなく今後も順調にロッドを買い続けます。だからたくさん収納できるスタンドが本当におすすめ。

で、このロッドスタンドはなんと25本収納可能。1台買っておけば、2年間は毎月ロッドを増やしても大丈夫です。やったぜ!ヒュー!

うっかりロッドを買いすぎても大丈夫だ

うっかりロッドを買いすぎても大丈夫だ

省スペースなコンパクト設計

25本も収納できるんだからそりゃもうデカいんだろうな~と思うじゃないですか。それがそうでもないんですよね。

サイズは幅760mm、高さ620mm、奥行175mmで、収納間隔50mm。

一番厚みのある部分は底部だが、それでも175mm

一番厚みのある部分は底部だが、それでも175mm

同じメーカーに片面のみ13本収納のスタンドがあるんですけど、こっちが幅760mm、高さ520mm、奥行90mm、穴径30mm、収納間隔50mm。

奥行きが約倍になるとはいえ、85mmしか変わらない。ちょっとしたスペースに175mmぐらいのロッドスタンド置けますよね。え、置けない?だったらそんな狭い部屋にロッドを収納しようとすること自体が間違いです。

ほんのわずかなスペースにロッドを25本収納できる

ほんのわずかなスペースにロッドを25本収納できる

オモテ面のロッドとウラ面のロッドが干渉するんじゃないか?って普通は思いますけど、ホルダーにあたる溝がジグザグに配置されているので大丈夫。

スポンサーリンク

天然木素材+フェルト貼付でロッドに優しい

せっかくロッドを収納するんだから、かえってそれで傷がつくなんてもってのほか。アルミ製のスタンドや、木製でも表面処理の甘いものではロッドが傷つかないかヒヤヒヤしますよね。

杜の工房 ロッドスタンド ダブル25本掛けの素材は加工のしやすい=柔らかいパイン材。当然全部位面取りがされているし、ネジはかなり深めに皿取りされたところに打たれていて触ることすらできない安全設計。

ホルダー溝の部分には、フェルトが上下ともに貼付されていて、ロッドが傷つかないよう工夫されています。

ブランクスを傷つけないようフェルトが貼付されている

ブランクスを傷つけないようフェルトが貼付されている

もちろんグリップも安心

もちろんグリップも安心

スポンサーリンク

気になるお値段は激安の4,300円

言い忘れてましたが、もちろん完成品ですよ。これで税込4,300円(2018年2月現在)、Amazonプライムなら送料まで無料なんだから、買いでしょう。

まとめ

ロッドスタンドやメンテナンスグッズなど、室内用品はついつい後回しになりがちですが、快適なフィッシングライフを送る上ではとにかく重要。

壁に立て掛けてる!なんて人はいずれ大切なロッドを折ってしまうかもしれないので、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ記事

スポンサーリンク