冬のメタルバイブに巻き物用リールを使ってはいけない

いよいよ春らしくなってきましたね(どこが?)。

みなさん、冬の釣りは満喫されましたか?

冬の釣りと言えば、本当は年中有効なのに冬しか使わないという人が圧倒的多数のメタルバイブ。

それもしゃくっては沈め、しゃくっては沈めるリフト&フォールを繰り返すだけの、修行のような釣りですよね。

これを巻き物用のタックルでやってしまうとあまりのかったるさにたちまち悟りを開いてしまうので、僕は撃ち物向けのハイスピードなリールを推奨します。

スポンサーリンク

 知られざる低水温期の秘密

低水温期にはバスが水温の安定しやすいボトム付近に着くと言われますが、それってすでに水面が凍る一歩手前の底冷え状態。極寒です。

通常は、風呂と同じ理屈で温かい水ほど水面近くに、冷たい水ほど底付近に滞留します。

ところが水は4度で比重が最大となるため、それよりも冷えると上下の温度差が一時的になくなるんですよね。

その結果、表層は風や外気の影響でさらに冷え込み、最終的には水面から凍っていく。

凍るまでいかないにしろ、低水温期は4度を下回った場合にボトムの水温が安定すると覚えておくといいかもしれませんね。

とはいえ水温が4度だとバスもほとんど冬眠状態です。

こいつの口をこじ開けるのが、メタルバイブのリアクションというわけ。

スポンサーリンク

実は中層がアツい、冬のビッグフィールド

でも実際にメタルバイブで釣っている魚は、そこまで動けなくなった魚じゃないと思います。

真冬の琵琶湖(南湖)で水温を測ると、5度や6度のケースが多いんですが、僕たちが測るのは基本的に風や外気の影響を受けやすい表水温なので、一段下にあたる中層の水温がおそらくもっとも安定しているはずです。

そのレンジに定位しているバスは他のルアーでも釣れますが、なんとなくメタルバイブを使うケースが多いので冬=メタルバイブという印象が定着したんでしょうね。

まあ釣れるルアーというのは間違いないですが、ボトムではなく中層を意識したほうが釣れますよ。

スポンサーリンク

リフトアンドフォールの釣り

このメタルバイブはしゃくって沈めて(止めて)を繰り返すリフトアンドフォールの釣りで盛んに使われますが、ただ巻きでも釣れます。

でも通常の樹脂製バイブレーションの方がレンジコントロールしやすく、また流れの影響も受けにくいので、メタルをただ巻きするメリットはあまりないと思います。

それはともかく、メタルバイブでリフトアンドフォールの釣りをやるんだったら、撃ち物に使うようなハイスピードなリールがフィットするよってのが今回のお題です。

スポンサーリンク

メタルバイブにエクストラハイギアを使う理由

僕がこの釣りに使っているタックルは7フィートミディアムパワークラス、レギュラーファーストテーパーのロッドに16メタニウムMGL XG、ラインはシューター・FCスナイパーの12~14lbを巻いています。

主に使用するルアーはリトルマックスやリアクションボムなどド定番メタルバイブの3/8oz。1/4ozならミディアムライトパワークラスのロッドがいいと思います。

で、なぜリールがエクストラハイギアなのかというと、単純な話、リトリーブを必要とする釣りじゃないからです。

リフトアンドフォール一辺倒の釣りをする場合、リールは単なる糸巻き機。負荷をかけた状態で巻くのはヒット後のみです。

とはいえヒット後も、7フィート前後のロッドなら長さを生かしてポンプリトリーブしたほうが勝負が速いので、リールでゴリゴリいくメリットはないですね。

この7フィート前後のロッドで10時方向(30度)から12時方向(90度)までしゃくり上げた場合、ワンアクションで1.5~2mほどルアーが移動します。

そんなに?と思われそうですが、もちろんこれはテンションフォールをした場合。フォール中にバイトの集中する冬の釣りでは、テンションフォールがマストですよね。

で、この1.5~2mという移動距離によって、ほぼ同じだけの糸ふけが発生するわけなんですが、これを回収するのがノーマルギアだととてもかったるい。

エクストラハイギアなら2巻き程度で済むところが、3巻きは必要なんですよね。

だから僕は、ハイスピードなリールを使っています。

冬眠中の撃ち物タックルが大活躍

目視できるカバーを撃つ機会が激減する冬季。撃ち物用のタックルを眠らせてはいませんか?

メタルバイブは、普段3/8ozクラスのカバー撃ちやフロッグゲームに使用頻度の高いタックル、特にリールはそういった撃ち物用のハイスピードなものが最高にフィットします。

かったるい修行のような冬の釣りが快適になりますよ!

この度レジェンド入りを果たしたリアクションボム

冬のメタルバイブはリアクションボムさえ買っておけば後悔しない

2018年3月7日
スポンサーリンク

おすすめ記事

スポンサーリンク